本格的な音を堪能したいなら防音室を作るのがベスト

お手軽にできる方法もある

レディ

騒音対策をする場所としては、窓、床、壁です。これらの場所をしっかりと騒音対策をすることで、外からの騒音から解放されたり、外へ漏れる音を減らすことができます。窓の騒音対策としては、防音ガラスや二重サッシ、遮音カーテンを利用する方法があります。防音ガラスは厚みによっても費用は異なりますが1枚で3〜5万円程度、二重サッシでは4〜10万円程度が相場のようです。遮音カーテンは既製品であれば1万5千円程度で購入でき、お手軽な騒音対策として利用できます。壁では遮音シートや遮音下地パネルなどを利用する方法がありますが、大規模な工事が必要となり手軽にできる騒音対策ではありません。お手軽の方法として換気口の対策があります。防音効果のあるパイプや防音型フードも販売され、防音フードであれば1万円程度で購入可能です。床では遮音フローリングにする方法もありますが、お手軽な騒音対策として防音カーペットがあります。安い物であれば4千円程度購入可能です。カーペットではそれほどの効果がないと思いがちですが、中には遮音性が特級にあたるLL-40の遮音性があるカーペットもあります。小さいこともがいるマンション暮らしの人は、階下への音が気になっている人も多いのではないでしょうか。そんな人も、高い遮音性のあるカーペットを敷くだけで、音を気にせず子供と遊ぶことも可能です。このように、騒音対策ができる方法はいくつかあります。その中にはお手軽な方法もあるので、自分に合った方法で騒音対策をしてみてはいかがでしょうか。