本格的な音を堪能したいなら防音室を作るのがベスト

騒音と振動への対策

ドラム

工事は専門の業者に依頼

楽器にも様々な種類がありますが、多数の打楽器が組合さったドラムはバンド演奏でも欠かせないものとなっています。高音のシンバルから、低音のバスドラムと一台で様々な音を楽しむことができますが、楽器の中でもかなり大きな音が出ますし、振動も激しいので、練習の際には防音対策や振動への対策はしっかりと行っておく必要があります。振動を抑えるマットなどもある程度は役立ちますが、それだけでは十分な効果を得ることはできません。ドラムを心置きなく演奏するのであれば、やはり本格的な防音工事も考えたいところです。ドラム室を作る場合は、防音工事は壁への対策はもちろん、床や天井までしっかりと遮音し、振動を抑えていく必要があります。一戸建ての場合も近隣に音や振動が伝わらないよう、しっかりと対策する必要がありますが、マンションなどの集合住宅ではより振動も伝わりやすくなりますので、より質の高い防音工事が必要となります。それゆえ、材料もより高価なものも必要となりますので、一戸建ての防音工事と比べてより費用が高くなる傾向にあります。せっかく工事を行ったにかかわらず、音や振動が近隣に伝わってしまうようでは困りますので、業者を選ぶ際もやはり防音工事を得意としている専門の業者に依頼することがおすすめです。工事内容や費用も業者ごとに違ってきますので、相談や見積もりは複数社で行っておくと、どの業者が良質な工事を行っているのか、費用の相場も知ることができます。